豊かなスポーツライフの実現を応援します!

お知らせ

第44回日独スポーツ少年団同時交流 岡山県スポーツ少年団でドイツ団を受け入れました

日独スポーツ少年団同時交流は、日本スポーツ少年団とドイツスポーツユーゲント間で、昭和49(1974)年から実施されており、今年度で44回目になります。

中国ブロックでは、ザクセン、ザクセン=アンハルトから、10代~20代の男女9名と指導者1名を迎えました。


ドイツ団は、7月28日(金)に鳥取県から岡山県に移動し、4泊5日様々な交流と体験を経験しました。


滞在前半は、岡山県立玉島商業高等学校の協力のもと、ホームスティを体験、高校との交流では、200名近いお出迎えを受け驚いていましたが、迫力のある和太鼓、バレーボール部との交流試合など、同年代との交流を楽しんでいました。


滞在後半は、備中高松少林寺拳法スポーツ少年団の協力のもと、様々な日本文化を体験、さよならパーティーはホストファミリーも参加し、大変盛り上がっていました。


ドイツ団は、岡山滞在後広島県に移り、その後、東京都での全体プログラムを経て、8月7日にドイツへ無事帰国しました。

ドイツ団滞在中に、終始に渡りご協力いただきました岡山県スポーツ少年団リーダー会を始め、ホストファミリーとしてご協力いただきました皆様、様々な催しを企画してくださった、岡山県立玉島商業高等学校、備中高松少林寺拳法スポーツ少年団の皆様に、心より御礼申し上げます。

トップページへ 過去の一覧はこちら

ページTOPへ